元カノと復縁するための努力【復縁したけどまた別れた人】(18人)体験談一覧

元カノと復縁するための努力【復縁したけどまた別れた人】(18人)体験談一覧

男子学生・元カノと復縁したけど別れた人・一覧


【性別】
男性・失恋時14歳、復縁時16歳
【復縁のためにしたこと】
高校に行き過去の自分を知らない人間に相談しました。
相談の際は恋人を持つ人間に限ります。
恋人がいない人間の場合は嫉妬、妬みから馬鹿にしてきます。
やっと携帯電話を持たされたので、「高校 恋愛 引き戻し」など、あらゆるキーワードで検索し、自分の恋愛観の見直し、女性が求める恋愛観を探しました。
清潔感を出すためにワックスを買い、ニオイには関しては誰よりも注意していました。
女性が求めるラインの最低ラインを必ず突破し下回らないように努力しました。
無駄だと思ったのは占いです。
占いを信じたとて何も変わらず、何があっても原因を占いに転嫁してしまいます。
ポジティブなことがあれば努力しなくなり、ネガティブことがあれば占いに帰着させてしまうからです。




【性別】
男性・失恋時16歳、復縁時17歳
【復縁のためにしたこと】
ひたすら孤独に耐えて、2年に進級しました。
一年時のクラスメイトから同じクラスになったのは私と彼女含めて4人だけで、理系でしたので4番の3が男でした。
もう一年時の様な辛い想いはしないでおこうと誓いました。
時間が経てば忘れられると思ってたのですが、やはりどうしても忘れられない。
新しく出来たクラスメイトの友人にそれまでの過去を話した所、『また気持ちを伝えればいいやん』と言われ、校外学習で行った京都で帰り際にお土産コーナーで見つけたキーホルダーを無理矢理プレゼントしました。
友人伝えで聞きましたが、気持ち悪かったとの事。
もうさすがにここまで言われたら諦めるというか、気分悪くさせてまで接するのは辞めようと決意しました。




【性別】
男性・失恋時16歳、復縁時20歳
【復縁のためにしたこと】
自分の場合、元カノとよりを戻すために頑張ってきたというものは特になくて、高校生時代に部活や勉強などの目の前のものを頑張ってきた積み重ねによって、相手と付き合えたと思っているところが大きい。
たしかに、多少の下心があって、高校生時代に頑張ってきたが、それよりも恋愛以外の将来的な目標に向かって、その目標を達成するために高校生時代に何をやるべきか自分で見定めて頑張ってきた。
多分、自分の場合、モテるために、つまり、他人のために頑張ってしまうと、頑張った結果の評価基準が他人になってしまい、自分の軸がずれてメンタルが不安定になってしまうと思うので、自分のために頑張った結果、恋愛に繋がったの方がしっくりくると考えている。




【性別】
男性・失恋時17歳、復縁時18歳
【復縁のためにしたこと】
私は、それでも相手の良いところを知っているので何回も謝って許してもらうように頑張りました。
LINEでもやっぱり諦められないとの旨を伝えました。
その時はまだ彼女は許してくれませんでした。
私は、彼女からの返信をずっと待っていました。
1ヶ月経ってもきませんでした。
もう諦めていました。
もうこれからは1人でも過ごしていけるメンタルを鍛えようと。
今回の恋愛は自分が悪いのだと自分に言い聞かせて自分磨きをすることにしました。
具体的には、恋愛のうまくいく方法や会話の仕方を調べたり、ファッションについてもう少し改善しようと心がけました。
また、ワックスや香水を初めて買って髪型も意識しました。
男は清潔感が大事だと学んだので、どうしたら清潔感が出るのかも考えました。




【性別】
男性・失恋時17歳、復縁時18歳
【復縁のためにしたこと】
復縁の為に返信の返ってこない相手にメールを沢山送りました。
きっとブロックしているのだろうなと思いつつも何度も送りました。
第三者がそばにいたら少し引くぐらい送りました。
それでもあきらめきれなった私は女性の通う大学まで行こうとも思いましたが、もしそこに女性の彼氏がいて二人仲良く歩いているところを見てしまったらという恐怖と絶望感に実際に行動はできませんでしたが、代わりにその大学の生徒になろうと閃き、女性と同じ大学に進学することを決意。
それからは猛勉強をし、女性と同じ大学に入る為だけに様々な遊びや友人の誘いを断り夢中で勉強をし遂にその目標を達成。
無事に女性と同じ大学に入学し。
私は大学1年生、女性は大学4年生と同じ大学で運命の再会をすることになりました。




【性別】
男性・失恋時17歳、復縁時23歳
【復縁のためにしたこと】
復縁のために意図的にしていたわけではないですが、いい異性の友達として、
・互いに進学、就職、転居などの節目に、定期的に連絡をとりあっていたこと
が挙げられる思う、現在の相手の状況(職業や生活根拠地、生活状況)を知ることは、結婚等を意識する大人の付き合いを始める時には重要な要素であると考えるため。
定期的に連絡を取っていたため、互いに話を聞いてもらえる友達として、心の拠り所となっている部分があり、
彼女のライフイベント(転居)と私のライフイベント(長期の就職研修修了)の重なった際に、再度、付き合うこととなりました。
別に、贈り物等はしていないのですが、互いに不安な時期であったことから、毎日、電話で連絡を取っていたこと自体が良かったようです。




【性別】
男性・失恋時18歳 復縁時23歳
【復縁のためにしたこと】
吹っ切れてからは早かったです。
彼女を取られたなら取り返そう。
そのためにまず始めたことはホストでした。
田舎にいた僕はホストをするなら歌舞伎町一択だと思いすぐに求人に連絡をして明日からきていいよと言われたのでほんとに鞄一つで東京に行きホストとして5年間勤めました。
効果があった事は昼間のお仕事ではもらえない量の経済力と女心と自分磨きを意識しなくても勝手に磨かれていました。
再アプローチの仕方ですが直接なにかするわけではなく確実に失恋相手が僕のTwitterを見ていたのでホストしている事は隠しつつ自撮りや羽振りがいいところを見せつけていました。
無駄だったことは最初の落ちていた半年です。
辛くても動けば良かったと後悔しました。




【性別】
男性・失恋時18歳、復縁時19歳
【復縁のためにしたこと】
しばらくは相手に、自分はどうしょうもないやつだろうと思われているに違いない思い、大学で姿を見せるのも、相手の姿を見るのも嫌でした。
しかし、自分の寂しさは募るばかり。
でも、だんだん自分の辛さと悲しさを時が癒やしてくれて、相手に大学で会ったときに、こんにちは、おはようございます、お疲れ様でした、などの挨拶ができるようになってきました。
今思えばそれが良かったのだと思います。
僕は自分から特に、進んで復縁のためにがむしゃらに努力したというわけではありませんでした。
しかし、些細なことから二人を隔てていた壁が崩れ始め、距離が縮まっていきました。
最初はぶっきらぼうに挨拶を返していたり、挨拶を返さなかった相手も、いつの間にか笑顔で挨拶を返してくれるようになりました。




【性別】
男性・失恋時20歳 復縁時21歳
【復縁のためにしたこと】
同じサークルで元々は仲のいい先輩後輩の関係だったので身上的にはもやもやとする部分はありましたが吹っ切れている風を装いサークルや日常生活で他の友人・知人がいる中での態度を変えなかったのが大きいと思います。
未練がましい気持ちはありましたがそれを出してしまうと周りも良い雰囲気にならないだろうと思ったのでそこは気にしていたと思います。
一点ですが彼女と別れてから古着にハマりおしゃれに無頓着であった当時からかなり変わったことも大きかったと思います。
ダサいまではいかなかったと思いますが復縁時はある程度まで身綺麗にできてはいたと思いますので日常生活の中でおしゃれに少し気を付けて清潔感をもったのも要因だと思います(実際に復縁時に言われたので)。




【性別】
男性・失恋時20歳、復縁時23歳
【復縁のためにしたこと】
大学を卒業して、それぞれが就職した。
社会人になって、サークルの同窓会があったときに、もうサークルの仲間という枠が薄れた状態で会えたので、再開した彼女に話しかけやすかった。
その場にはもう元カレは来ていなかったのもおおきいと思う。
みんな時間の使い方なのが変わってきたので、時間が合いやすい、話題も合いやすい少人数の仲間と頻繁に会うようになった。
大学時代の友達の一人として、数人でまた彼女と遊ぶようになった。
給料もでて少し贅沢な遊びもできたし、こそこそする必要もないし、社会人として会話のはばも広がったし、余裕をもって彼女と接せられたと思う。
仕事も忙しかったが、こまめに連絡をとるようにした。
友達のひとりとして、リラックスした関係でいられるようにした。




【性別】
男性・失恋時21歳、復縁時22歳
【復縁のためにしたこと】
彼女に心底申し訳ない気持ちと罪悪感を抱いてしまい、まずは仲の良い友達を経由して彼女と連絡を取ってもらい、一度会って喋りたいと要望を出しました。
当時、彼女は私が全く連絡をしないという理由で音信不通になってしまっていました。
友達の協力もあって、大学のキャンパスで再び出会い、教室の一室で、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいな事と、自分がこの大学に入学した目的と将来像を語り、理解して欲しい事を伝えました。
当時、彼女の中で色々と私に対しての偏見があったそうで、私が同志と切磋琢磨しているのではなく、違う女性に好意を持っているとも思っていたらしく、その誤解が解けたとの事で、再び寄りを戻すことになりました。
その時はホッとしたと同時に、彼女を大切にしてあげたいと思うようになりました。




【性別】
男性・失恋時23歳・復縁時27歳
【復縁のためにしたこと】
特に何もしていません。
「やっぱり付き合わなければ良かった」と、彼女に後悔させたくなかったからです。
むしろ、彼女を忘れようと必死でした。
実はその直後、何を血迷ったのか、私は一度ゲイの気分を味わってみようと思い、彼女の体型に似た男の人を探して、同性で入れるホテルに行きました。
その男の人はすごく紳士で、傷心した私をやさしく扱ってくれました。
私の服をそっと脱がして寝かせると、耳元・首筋からおへそにかけて舐めまわしてから、私のチンポを丁寧にしゃぶり始めます。
「上手い…」
同性だからこそ、気持ちいいポイントを押さえているようです。
私は、あっという間にイカされてしまいました。
それから攻守交替で、人生初のフェラチオも経験しました。
彼女とは味わえなかった気持ちよさを覚えてしまいましたが、「一度きりにしよう」と心に決めたので、その方とは、それっきり会っていません。



社会人男性・元カノと復縁したけど別れた人・一覧


【性別】
男性・失恋時20歳、復縁時20歳
【復縁のためにしたこと】
たまに連絡をしたりささていましたが、LINEで会話が続いて来ると少し冷たい短文が来るようになったので頻度を下げ、地震があった時は安否の連絡を入れ、そのときは少し嬉しそうで、共通の友達によりを戻したい事を相談して間接的に彼女に伝わらないかなと思ったり、髪型を変えて服装も更に彼女が好きそうな感じにして気を引こうとしましたが変えたんだねとそっけない態度をされました、筋トレをしてなかったのでしてる事を言ってみたときは少し良い反応が来ました。
朝の仕事に行く前の占いも見て、結果が悪い占のときは占いは当たらないからいいやと流して、良い占いの時はこれはいいことがあるぞと少しテンションが上がったりしていました。




【性別】
男性・失恋時:25歳、復縁時:32歳
【復縁のためにしたこと】
彼女とよりを戻すために他の女性と付き合うことも恋愛感情で会うこともなかったです。
私に寄り添ってきた女性もいますが、女性の勘なのでしょうか?私の心の中に好きな女性がいるということを感じ、接する時には仕事でしか会うことはなかったのです。
私は、付き合う女性がいたら一途に好きになるタイプなので、そんな簡単に他の女性を好きになることはなかったです。
付き合っていた女性も私が○○さんだけを見ていたことに気づいてくれていたと信じてますので、よりを戻すために、他の女性のことは一切気になることはなかったです。
それが私の性格だったことで、彼女から電話がかかってきた時に、彼女も復縁したいのかと勘づきました。
7年間と彼女のことは忘れる方も多いですが、彼女のことが芯から好きならば、何年経っても好きという感情は変わらないと思います。




【性別】
男性・失恋時26歳、復縁時27歳
【復縁のためにしたこと】
相手とよりを戻そうと努力しても無駄なような気がしていたし、逆効果だと思っていた。
人に相談もしたし、1人で出掛けてみたりして気分転換を図ってみたが、結局それも無駄だった。
そんなことより自分磨き、自己研鑽をしようと思い、仕事以外にビジネスセミナーへの参加、読書量を増やす、ジムの回数を増やす、誘われていたけど今までやらなかったテニスへ行く、資格取得の勉強をする等、積極的な行動をした。
そのうち相手のことを思い出すこともなくなり、他の女性と会う機会も増えた。
積極的に行動することで、女性と知り合う機会も増えるんだな0とも思った。
ただ自己研鑽し続けることが普通になると、何もせずにダラダラと過ごしている人には魅力を感じなくなった。
(過去の自分もダラダラしていたくせに)。




【性別】
男性・失恋時27歳、復縁時30歳
【復縁のためにしたこと】
最初は復縁しようと思ったのではなく、私は前を見て次に進もうと思っていました。
ですから、友人や知人から紹介してもらうよう頼んだり、また、自分磨きに精を出し、さらには本などをたくさん読んだりして内面をも磨いていこうと人間力を上げていく努力をしていました。
遊びにはあまり行かなくなり、代わりにジムに通ったり、バイクでツーリングするなど、自分の趣味の時間も設けて以前よりひと回り余裕のある魅力的な男性を目指すべく行動をしました。
それからは、その効果があったのか分かりませんが、女性からモテていた時期ではありました。
無駄だったことは特になかったと思います。
失恋があり、自分の至らなかった所を反省しさらに磨くと言うことをしていった結果であるので全てがいい経験だと思います。




【性別】
男性・失恋時30歳、復縁時35歳
【復縁のためにしたこと】
たまに会える子供と触れ合う時間をとにかく大事にしました。
当時は私と相手は休みの日も不規則でしたので、子供を預かれる日はとことん子供に尽くしておりました。
時間はかかりましたが子供と接しているうちに私自身がいい方向に変わったのではないか、よりお父さんらしくなったのでは、と相手に思われるようになりました。
その後、相手は実家を出て職場近くに引っ越し働くようになりました。
私自身も相手の家の近くへ引っ越しをし、より近い距離で過ごせるよう努めました。
お互い休日が被る日が多かったので、子供の習い事の送り迎えや相手の家へ行き来するうちに、相手のほうから復縁に関する話題も出るようになりました。
とにかく自分の家族が大事である、という思いを伝えるようにしていたのが効果的だったのだと思います。




【性別】
男性・失恋時30歳、復縁時31歳
【復縁のためにしたこと】
彼女との関係を途絶えさせたくなかったので婚活のアドバイスという名目で毎日のように連絡を取っていました。
彼女も恋人の経験が私だけなので婚活に不安も多く私に色々聞いてきました。
実際に食事をしながら話をしたり転職先の愚痴を聞いたり後輩だった頃に戻ったような感じでした。
週末に婚活相手とのデートをするという事が多かったようで、昼間婚活相手と会った後に私と会うという事がしばらく続きました。
彼女もそれが楽しかったようです。
とにかく彼女の発する不安に答える事でまた私に好意を持ってもらおうとしました。
しかし彼女の応援をすればするほど彼女は婚活に積極的になり私への気持ちはどんどん無くなっていくように感じました。
一緒に居たいという気持ちで取っていた行動が逆効果だったのかもしれません。