元カノと復縁するための努力【復縁して結婚した人・今も付き合ってる人】(19人)体験談一覧

元カノと復縁するための努力【復縁して結婚した人・今も付き合ってる人】(19人)体験談一覧

元カノと復縁して結婚した人・一覧


【性別】
男性・失恋時17歳、復縁時22歳
【復縁のためにしたこと】
高校卒業後、趣味に明け暮れていたため恋愛感情が全くなくなりました
別れた彼女のことしかり「干渉しすぎるのはよくない、去るもの追わず、来るもの拒まず」と自分からは追いかけないように人のためより自分のために
人間関係を重く感じず、今を楽しむようになっていき、人間関係という価値観が自分シフトに代わっていきました
誰かに依存しすぎると自分の人間強度が落ち、何かあった際に立ち名をれない、どんどんマイナス感情になっていいことがないと思い
考えすぎる、依存している、昔にすがることは全く無駄だということがわかりました
今を大事に、自分を大事に、そういうこともある、次にいいことがあればいいとすごくポジティブな感情を持ち、
誰かに頼られてもすぐに対応できる力と知識を身に着けました




【性別】
男性・失恋時18歳 復縁時21歳
【復縁のためにしたこと】
結果的には分かれた3年後に復縁することになったのですが、別れたばっかりの時は復縁する気など全くなく、お互いに新しい恋をしていました。
だから全く連絡を取っていなかった期間が2年以上あり、きっかけは「あけましておめでとう」とメールを送ったことだったと思います。
年末に色んな人にあけおめメールを送っていた中、ふと送ってみようと思い元彼女にも送ってみたところ返信があったので、その流れで「今度久々に会おうよ」と誘ったところ、なんなくOKをもらい久々にあいました。
久々に会った私は、やっぱりこの子のことが好きだと思い、よりを戻す為に何度もデートに誘いました。
これと言って特別努力したことはなかったと思うけど、友達以上恋人未満のように接し、彼女に凄く関心を示し、連絡をあまり閉ざすことはしませんでした。
なので、効果あったこと言えば積極的に行動をし続けたことかなと思います。




【性別】
男性・失恋時18歳、復縁時20歳
【復縁のためにしたこと】
ある日たまたま、駅のホームで彼女とばったり出会い少し話しをしてお互いに新しいアドレスを交換しました。
まだ好きだとバレたくないのでメールをするつもりはなかったのですが、たまに彼女からメールが来るようになり、頻度は低いですが返信しやりとりをするようになりました。
ある日友人と買い物に行くはずが急に友人の都合が悪くなり、一人で買い物してもな…と思い勇気を出して彼女を買い物に誘うとなんとOKしてくれたので、一緒に食事や買い物して夕方彼女を家まで送りました。
それがきっかけになり頻繁にメールや電話をするようになりました。
ただその時は相手にまだ恋愛感情があることをバレないようにしていました。
又以前はオラついた洋服を着ていましたが当時はお洒落に気を付けていました。




【性別】
男性・失恋時19歳、復縁時20歳
【復縁のためにしたこと】
まずはじめに誤っていなかったので、傷つけたことを誤りました!。
彼女は驚いていませんでしたが、素直に「そう思ってくれただけありがたいし、嬉しい」と言ってくれました。
その後、少しづつ付き合う前の頃のように連絡を取り合うようになりました。
勉強でわからないところであったり、今日の出来事などを相談し合う中に戻っていきました。
特にプレゼントなどは送っていませんが、彼女から誕生日プレゼントなどは頂きました。
私から積極的にランチやディナーなどの外食に誘い、コミュニケーションを取り、寄りが戻ればいいなと思っていました。
無駄に感じのが、休みの日に友人の誘いなどを断り、彼女から「遊ぼう」という連絡が来ないか待ったことです。




【性別】
男性・失恋時19歳、復縁時24歳
【復縁のためにしたこと】
同じ高校のクラスメイトだったため共通の友人が多く、卒業してからも定期的にみんなで集まることはありました。
そのため、別れてから全く合わないといった環境ではなかったため、会えばお互いの近況を話し合ったりすることはしていました。
誰かと付き合っているのかどうかをそれとなく探ってみたり、もし付き合っている人がいれば何か不満なことはないのかを聞き出してみたりと情報集めを自分なりに行い、ずっとここだと思うタイミングを見計らっていました。
しかし、別れた彼氏に今の彼氏との状況を事細かに伝えるわけもなく、肝心の部分はいつもはぐらかされていたように思い、今振り返れば情報集めにはなっていなかった気がします。
ところが、近くで見ていた友人がことあるごとに上手くフォローを入れてくれたことはとても助かりました。




【性別】
男性・失恋時22歳,復縁時23歳
【復縁のためにしたこと】
相手のよりを戻すためにしたことは、直接はありません。
とにかく仕事に集中して、二度とこれから先のことに迷ったりしないように、自分自身の考えをきちんと持つことを目指しました。
仕事の目標やこの先の人生の計画を考えました。
あとは仕事で躓いたりしないように、自己研鑽のために本を読んだり、セミナーに参加したり、とにかく自分磨きをしました。
大学時代に自炊する能力も身につけられなかったので、自炊も頑張り始めました。
とにかくがむしゃらに過ごしていたという感じです。
初めの方はちょっと空回りが多かったのですが、夏ごろには、だいぶ自分の形が見えてきて、仕事も軌道に乗ってきた感じがしていました。
精神的にも落ち着いて取り組むことができていたと思います。




【性別】
男性・失恋時22歳、復縁時23歳
【復縁のためにしたこと】
復縁するためになにかした訳ではなかったのですが、強いて言うなら自分から一切連絡を取らなかったことなのかと思います。
私はどちらかといえば彼女に対して尽くしていたので、いつも私から連絡があったり、会っていたりしていた日常が急になくなったことで彼女にも不安感がでてきたのかと思います。
自分からも連絡したいと思っていたこですが、ここで連絡をしてしまうと相手に嫌われてしまうのではないかと思いながら、毎日必死に連絡することを我慢していた覚えがあります。
私がしていたことは、ただ連絡するのを我慢するということだけだった気がします。
焦って自分から動いてしまうと余計に相手が離れていってしまうと心のどこかで感じていたんだと思います。




【性別】
男性・失恋時38歳、復縁時40歳
【復縁のためにしたこと】
復縁のためにした事は、自己分析です。
これは学生時代に就職活動をした経験が生かされています。
常に日ごろからメモ帳をもち、気づいたことがあれば何でも書くようにしていました。
特に失恋した原因であろうと思う事柄は箇条書きにし、毎日寝る前に目を通して、改善できるところは改善しました。
自分のしたい事と自分のしなければいけない事を分けて、今しなければいけないことを箇条書きにし、優先順位を振り分けて、それを必ず実行し目標達成することを意識して生活をしました。
自分自身ぶれないようになった後にたまたま彼女と道でばったりあったので、そのままの自分で今自分がしていることを彼女に伝えて、今の心境の変化を直接彼女に理解してもらえるようにお願いしました。



元カノと復縁して今も付き合ってる人・一覧


【性別】
男性・失恋時15歳、復縁時17歳
【復縁のためにしたこと】
復縁できたのはいい形ではなく、1年後に相手からメールが来たことからはじまりました。
その時は付き合ってる彼女がいましたが、久しぶり、とメールが来た時はすごく嬉しく感じてしまいました。
当時付き合っていた彼女は男が大好きで私に隠すようにメールをするような仕草も良く見えました。
なので僕はそっちがやってるならいいだろうと元カノと半年ほど連絡をとっていました。
話していくお本当に楽しくて、この人の方が今より好きだったな、とその時には確信していました。
それから数ヶ月たって、当時の彼女とは1年をすぎましたが、その時にはもう元カノの方が好きになっており、別れを告げる1週間前から元カノとは浮気から復縁することになりました。




【性別】
男性・失恋時18歳、復縁時20歳
【復縁のためにしたこと】
復縁をするためにしたことは、まずは別れてからもLINEやDMで少しずつだが連絡を止めないように意識した。
これは、していなかったら相手と話すことがなくなり復縁をしようと思ってもするきっかけが掴めなくなってしまっていたかもしれないためしていてよかった。
また、服装をオシャレにしてみたり髪型を変えたりなどしてイメージを変えて自分磨きもしてみた。
実際に久しぶりに再会したときに相手からは「雰囲気良くなってかっこよくなったね。」と言われたので効果があったと思う。
そして最後に、彼女を遊びに自分から誘い再び自分の良さに気づいてもらうために何回も遊びに誘い遊びに行った。
すると少しずつ彼女も振り向いてくれて復縁できたのでとても効果があったと思う。




【性別】
男性・失恋時18歳、復縁時22歳
【復縁のためにしたこと】
それから復縁するまでの間、心は今まで通りに落ち着きを取り戻し、新しい恋愛をすることへ前向きになったため、よりを戻すために実行したことや考えたことは特にない。
むしろすぎたことは仕方ない程度に考えるようになっていたと思う。
別の人とも数名お付き合いもしたし、学業やサークル活動など、それ以外のことについても前向きに取り組むことができるようになった。
その中でお付き合いしている人や友人、先輩の話などを通し、さらに恋愛について考えるようになり、筋トレなど、自分磨きもしっかりと行うようになった。
これまで恋愛について考えることもなかったのでこれをきっかけにしっかりと恋愛について知るようになったと思う。
そのおかげでさらに自分に自信をつけることが出来た。




【性別】
男性・失恋時19歳、復縁時20歳
【復縁のためにしたこと】
まずは同じ大学に進学することを決め、受験を成功させました。
そこで彼女に報告をしすぐに付き合いなおしました。
別れていた6か月間、何回か彼女に対して連絡を取っていましたがそれは自己満足であり彼女の気持ちを考えていないものでした。
自分の中では連絡をしていればまだ気を寄せてくれるのではないかと考えていましたが、一度決心したことは中々曲げない女性だったので効果はなかったと思います。
それよりもひたむきに努力をし、結果を出せたことが大きかったと思います。
偏差値を30程度あげることができ、彼女と同じ大学という同じ土俵に立てたことで自分に自信をもって彼女と再会することができました。
進学後にあって、花束をもって彼女に告白をしました。




【性別】
男性・失恋時20歳、復縁時21歳
【復縁のためにしたこと】
復縁するために、アルバイト内で唯一自分と彼女が付き合っていることを知っていた親友に相談しました。
具体的には、彼女が今自分のことをどう思っているのかなどを聞いてもらいました。
彼女の返答としては、「ちょっと後悔している。
確かに私の相手をしてくれなくなったし、興味が亡くなったのかと思ったけど一方的過ぎた」
というものでした。
その話を聞いた自分は、その親友と3人で話し合いをしたいと持ち掛け、後日3人で話し合うことになりました。
また、同時に見た目よくしよう、かっこよくなろうと思い筋トレやダイエットを行い、自分的には仕上げられたと思っていましたが、後日彼女に聞いたところ、え?そうなの?といった反応だったのであんまり見た目の変化は効果が内容です。




【性別】
男性・失恋時20歳、復縁時23歳
【復縁のためにしたこと】
復縁をするためにしたことというか、その彼女がかえってくるまでの期間は僕にとって自立をするための修行期間と言いますか、とにかく忘れるということに対してすごく気を置いた期間でありました。
たまの連絡というのはその間もありまして、元気だとか、今週はこんなことがあっただとか、近況報告でしかない程度のことでしたが、それが僕にとっては辛いと思うこともあり、とても励まされることでもありました、友人への相談等も特に無駄だと考えていた僕はより一層自分がいい男に近づけるためにとにかくお金を稼ぐことを目指して、そのお金自分も彼女が大きな世界へと飛び立ったように狭い視野を広くするためにする努力をしていきました、料理の修行もして、それが自分のなかでの新たな糧にとしていました。




【性別】
男性・失恋時21歳、復縁時21歳
【復縁のためにしたこと】
復縁のために、まずはインスタで連絡をとり、急に別れを告げたことに謝罪をし、しっかりと話し合ってからどうするかを決めたいと伝えました。
しかし、傷ついたこともあり、文面や電話越しだとなかなか相手が理解してくれずしばらく時間が過ぎました。
そこの時間を無駄だったと今では感じています。
何回か電話をしましたが、埒が開かないと思ったので、車で自分から会いに行き、直接話し合いました。
そこで、今まで自分が嫌だと思ったこと、何も相談せずに一方的に別れを告げてしまったこと、別れてからものすごく後悔したことなどを伝えた上で、もう一度やり直したいと伝えました。
それに相手も応じてくれました。
あくまでも予測ですが、会って直接話し合ったことが効果的だったと思います。




【性別】
男性・失恋時22歳・復縁時24歳
【復縁のためにしたこと】
何度か謝罪のためにコンタクトを取ろうとは試みましたが、全く上手くいきませんでした。
私が悪いので仕方ありません。
何度も忘れる努力もしました。
目の前の仕事に一生懸命になっている間は忘れられるのですが、仕事が終わったり一人になったりすると、楽しかったころの事を思い出してしまいました。
「この経験を絶対にいい方向にもっていってやる!」と思えたのは半年ほどたってからです。
何かに集中していないとつらいので昼夜問わず仕事などをしていたので無理がたたって倒れてしまいました。
そこでお見舞いに来て下さったすごくお世話になっている先輩に悩みを打ち明けると、めちゃくちゃ励ましてくれて、そこからは2度と同じ失敗を繰り返さない為に、もっとポジティブに事実に向き合うようになりました。




【性別】
男性・失恋時25歳 復縁時27歳
【復縁のためにしたこと】
相手とやり戻すためにお互いちゃんと話し合い、私は仕事の事をちゃんと分かってもらい、私自身、相手のことをちゃんと信用をしてよりを戻す事ができました。
効果があった事と言えば特に有りませんが、強いて言うなら相手のことを理解し自分と一緒にいてくれた事や、今も一緒にいてくれる事を感謝し敬い、ありがとうや、ごめんなさい、などなど、と言う当たり前のようでなかなか言えない言葉をしっかり言う事で、ちゃんとお互い分かり合えました。
無駄だった事は久しぶりに会った時に、失恋したとき強く言ってしまった事を謝ろうとし、お詫びに失恋する前に欲しいと言ってた物を買って渡したら「こんなもの買って貰わなくても今でも好きだよ」と言われお金を返されました。




【性別】
男性・失恋時25歳、復縁時26歳
【復縁のためにしたこと】
原因も不明瞭のまま別れてしまい、でも自分の中の気持ちはいまだ残っており、心底どうしたらいいのかわからない状態にあった。
しかし何もわからないからと言って何もせずにはいられなかった。
自分を磨く努力をしようと毎日筋トレを続けたり、毎週末にランニングをしたり。
また新しく出会ったたくさんの同期たちと話して自分の価値観を更新したりした。
だが、正直なところ原因が不明瞭な以上よりを戻すのはむつかしいと感じていた。
そんな時相手から新しい彼氏が出来たと連絡がきた。
本当に辛く、仲のいい同期に頼み込んで平日の真ん中にも関わらず飲みに付き合ってもらったりもした。
そこからは諦める方向に気持ちが向いて出会い系サイトに登録したり、新しい出会いに目を向けるようになった。




【性別】
男性・失恋時29歳、復縁時30歳
【復縁のためにしたこと】
お別れした後も彼女のことが忘れられず、どうしたらよりを戻せるのだろうかと、そのことばかりを考えていました。
まずお別れすることになった要因のひとつ、「遠距離恋愛」を解消しようと彼女の部屋の近くに部屋を借りて引っ越す決意をしました。
幸い、彼女とは「友人」としての関係は続いていましたので、さりげなく偶然を装ってバッタリ会ってみたり、さりげなく食事に誘ってみたり、新しい彼氏ができたりしていないかさりげなく聞いてみたりして、よりを戻すために奮闘する日々でした。
その間、運よく彼女に新しい彼氏はできなかったらしく、食事に誘っても、嫌がることなくニコニコ笑って一緒に食事を楽しんでくれました。
これは「脈あり」かも。