失恋中の自分へのアドバイス【復縁して結婚した人・今も付き合ってる人】(19人)体験談一覧

失恋中の自分へのアドバイス【復縁して結婚した人・今も付き合ってる人】(19人)体験談一覧

元カノと復縁して結婚した人・一覧


【性別】
男性・失恋時17歳、復縁時22歳
【失恋中の自分へアドバイス】
目の前のことだけにすがらず、周りを見る
そして自分を磨くことで自分の欲しいものは勝手についてくるし、そこが苦しくてもいつかは楽できるし人生のどん底に感じているなら
それより苦しいことが今後あっても絶対に乗り越えられるからめげずに頑張ってほしい
ポジティブにより良い方向性を見つけるために日々改善、いろいろ見て学び、自分を磨いてほしい




【性別】
男性・失恋時18歳 復縁時21歳
【失恋中の自分へアドバイス】
失恋中の自分に今アドバイスするとしたら、正直特にありません。
自分の性格上立ち直りが早いのはしっていますし、何かアドバイスをしたところでその時の気持ちが晴れるわけでもないですし、ただただ今の自分の気持ちに寄り添って好きに生きろと言ってやりたいですね。
まぁしいて言えばとにかく楽しく遊んでればそのうちまた彼女できるから大丈夫だよぐらいですかね。




【性別】
男性・失恋時18歳、復縁時20歳
【失恋中の自分へアドバイス】
相手の気持ちを考えて発言と行動をしましょう。
恋人は所有物ではなく人です。
たまには顔を見るのも嫌な時がありますがそんな時こそ笑顔で話かけましょう。
今でも彼女が居なくなってしまう夢をみることがありびっくりして目を覚まします。
そのくらい大切な人ってことをいつも心の片隅に置いておきましょう。
行動しない後悔よりも行動して後悔を。




【性別】
男性・失恋時19歳、復縁時20歳
【失恋中の自分へアドバイス】
遊びたい年頃だと思いますが、自分を見失わずに何がたいせつかをしっかりと認識して生活してほしいと思います。
今回はたまたま一度失ったものが戻ってきましたが、戻ってこないことがほとんどなのでしっかりしてほしいと思います。
また、思ったことや感じたことはしっかりと彼女に言葉で伝えてください。
言葉にしないと何も伝わりません。




【性別】
男性・失恋時19歳、復縁時24歳
【失恋中の自分へアドバイス】
相手を思いやる気持ちが絶対に必要。
自分一人で恋愛しているわけではなく、相手がいてこそ成り立つものであり、自分がしたいことではなく相手がしてもらって嬉しいこと、喜んでくれることを優先に考えることが大切。
一途に思い続けていれば見ていてくれる人も必ずいて、手を貸してくれる時もやってくるかもしれないので、周りの人たちも大事にしなさい。




【性別】
男性・失恋時22歳,復縁時23歳
【失恋中の自分へアドバイス】
はっきりと自分の考えを持つこと。
相手にはしっかりと相談をして、自分で勝手に悩まないこと。
想いを伝えればわかってくれるし、自分の意思が固まっていればどのような結果になったとしても後悔はしないはず。
自分の考えがまとまっていないまま相手に判断をゆだねると、あとあと後悔することになってしまうので、強い意志を持ってください。




【性別】
男性・失恋時22歳、復縁時23歳
【失恋中の自分へアドバイス】
当時の自分にアドバイスするなら、今は黙ってなにもするな、ですね。
焦っても何もいいことないし、仮にそれで復縁しても良い事にはならなかったのかなと思います。
なので時が来るまでは動かずに、自分のためにたくさん時間を使ってあげてほしいです。
待つ事もまた恋愛のテクニックにもなると思うのでドシっと構えておいてください。




【性別】
男性・失恋時38歳、復縁時40歳
【失恋中の自分へアドバイス】
目的を明確に持ち、あまり時間をかけずに疑問に思った事は早めに解決をしたほうがいいと思います。
後で事実を伝えてしまうと相手にショックを与えてしまう可能性があるので、疑問があれば質問をし改善する必要があれば話し合いをし改善するための方法を一緒に考えるべきだと思います。
かといって身長にはならず自然体で行けばいいと思います。



元カノと復縁して今も付き合ってる人・一覧


【性別】
男性・失恋時15歳、復縁時17歳
【失恋中の自分へアドバイス】
彼女はPMDDをもってい一般の人より重度のものだから、まずそれを理解して、なんでこんなことで怒っているのか、思い込んでいるのかと思ってもまずは彼女の意見を肯定してあげてほしい。
彼女は自分でもその時自分がPMDDというものがあることを知らないから、その時はそのようなものがあることを教えてあげてほしい。




【性別】
男性・失恋時18歳、復縁時20歳
【失恋中の自分へアドバイス】
好きという気持ちがあり別れて後悔するくらいなら簡単に彼女を手放してはいけない。
別れてから良かったことや悪かったことで気づくこともあるが明らかに良かったことの方が多かった。
もやもやすら気持ちはわかるが落ち着いて冷静に考えて自分が誰といる時が一番笑顔で過ごせたかを思い出してみよう。
そして早く気づき自分の素直な気持ちを相手に伝えてみてください。




【性別】
男性・失恋時18歳、復縁時22歳
【失恋中の自分へアドバイス】
アドバイスというか一言話したいのは、絶対にその人のことを忘れずに待っていて欲しいということ。
その後別の人とも付き合うことになるが、今は復縁してすごく良かったと心から思っている。
当時の自分は何に対しても投げやりで自暴自棄状態だったと思う。
でも一瞬そういったタイミングに差し掛かっただけで、諦めなければいい形でまた巡り会えるということを伝えたい。




【性別】
男性・失恋時19歳、復縁時20歳
【失恋中の自分へアドバイス】
結果として、今の自分には満足しています。
辛い思いをしたし、されることもあったけど、愛情というものを理解することができました。
過去の自分にアドバイスをするとしたら、男は黙って努力をしろということでしょうか。
振られた後にも、気があることを感じたいために連絡をとろうとしていたことが非常に格好悪いと今なら思います。




【性別】
男性・失恋時20歳、復縁時21歳
【失恋中の自分へアドバイス】
筋トレやダイエットみたいな見た目を変えるんじゃなくて、中身を変えるように努力した方がいい。
そして彼女の立場に立って考える。
そしてなにより大切なのは話し合うこと、いくら相手の立場になって考えてみてもどうしてもずれが出てきてしまう。
だから、彼女の考えをはっきりと聞くために緊張するかもしれないが、しっかりと話し合いの場を設けた方がいい。




【性別】
男性・失恋時20歳、復縁時23歳
【失恋中の自分へアドバイス】
アドバイスが当時の自分にあるとすれば、強くあきらめない心を持ち続けろということです。
途中、忘れるために過ごした期間というのももちろんありましたしその中での記憶のフラッシュバックに悩まされたこともたくさんありました、これはそれほど強い気持ちをもっていたという表れでもあったと思いますし、逆にそこまで想い続けられる自分へ賞賛をしてあげても良いことだと思いますし、とにかくいつか実る日が来るということを伝えたいです。




【性別】
男性・失恋時21歳、復縁時21歳
【失恋中の自分へアドバイス】
やってはいけないことは、相手の要求を全て受け入れて、自分のことは我慢することです。
言いたいことははっきり伝えないと、ストレスを感じることが多くなり、いずれはパンクします。
長続きをさせる有効な方法として、パンクする前に普段からお互いに嫌だと感じたことは伝えましょう。
相手と話し合いの場を設けることも大切です。




【性別】
男性・失恋時22歳・復縁時24歳
【失恋中の自分へアドバイス】
もし今、失恋中の私に何かを言う機会があっても、それが成就する未来を教えないでしょう。
ただ、全ての事に本気で向き合う事を勧めるだけです。
先輩に「反省はしても後悔はするな」と常々言われてきたので、その言葉をもっと早くに伝えてあげてもいいかもしれません。
さすがに優良企業で過労で倒れたのはやりすぎだと感じているので。




【性別】
男性・失恋時25歳 復縁時27歳
【失恋中の自分へアドバイス】
失恋中の自分にアドバイスするとしたら、とりあえず素直になり、相手の事をもっとしっかり理解をした方がいいでしょう。
何をするべきかは、とりあえず当たり前の言葉を口にして言うのが1番必要なので、ありがとう、ごめんなさい、をしっかり言うべきです。
してはいけない事は、不安になったら言葉に出してもいいと思うけどもし、浮気など、何かしら疑ったりして誤解が解けた場合、そこで相手のせいにするんじゃなく、まず自分が謝るべきです。




【性別】
男性・失恋時25歳、復縁時26歳
【失恋中の自分へアドバイス】
あの時の自分に今の自分からできるアドバイスはとても少ない。
何故なら今でも相手の心境の変化も、別れを切り出された理由さえ自分は知りはしないからだ。
今の自分が推察するにはきっと相手が一人で考える時間が必要だったのだと思う。
ずっと一人と過ごしていいのか、未来を考えた時に他の人と比べる術がないことが不安だったのかもしれない。
だから過去の自分に伝えるとしたら、[なるようにしかならないんだから、今できる努力を続けろ]だと思う。




【性別】
男性・失恋時29歳、復縁時30歳
【失恋中の自分へアドバイス】
相手のことがいくら好きだからと言って、距離が近づきすぎるとなれあいになってしまい、恋愛感情が消滅してしまうことがあるのだと悟りました。
ご結婚されている皆さんは、よく関係が続いているなと感心してしまいます。
恋人とラブラブで居続けるためには、「遠距離恋愛」くらいの程よい距離感を保つのがちょうどよいのだと思います。