失恋のきっかけ【復縁して結婚した人・今も付き合ってる人】(19人)体験談一覧

失恋のきっかけ【復縁して結婚した人・今も付き合ってる人】(19人)体験談一覧

元カノと復縁して結婚した人・一覧


【性別】
男性・失恋時17歳、復縁時22歳
【失恋のきっかけ】
失恋のきっかけは、愛想つかされてしまったのが一番の原因だと今でも思っています
彼女は部活、自分はバイト
自分自身、彼女と友達隔たりなく仲良くするタイプなので、彼女の嫌いなグループとも仲良かったりして
バイトですぐに帰ったり、夜中まで連絡取れなかったりして会える時間が減り、いいもなく連絡することも次第に減っていきました
彼女から別れ話を切り出されたときは、拒み続けていましたが、執着心が強い人はもっと嫌だといわれ別れました




【性別】
男性・失恋時18歳 復縁時21歳
【失恋のきっかけ】
失恋のきっかけは正直分かりません。
僕としては特に不満もなく過ごしていたのですが、その時は突然訪れました。
「別れたい」そう突然メールで告げられた時は頭が真っ白になりパニック状態でした。
喧嘩していたわけでもなく、疎遠になっていたわけでもなかったので当時は「なんで!?」という気持ちが凄く大きくショックでした。
彼女に理由を聞いても「私が悪いから、私のわがままだから」としか言ってもらえず、自分自身で解決することが出来ないもどかしさともう終わりなんだというはかなさで胸がいっぱいでした。
今思えば、あまりにも子供っぽいところや、ろくなデートも出来ないところ、体を求めすぎていたところ等、不満に思われることも沢山あっただろうなと思いますが、結局のところ真相は闇の中です。




【性別】
男性・失恋時18歳、復縁時20歳
【失恋のきっかけ】
お互いに別の高校に進学して、新しい友人が出来たり今までと違った物が優先となり、会う機会が少なくなりたまにあってもマンネリ感があり会話も少なくなり些細な事でケンカするようになりました、お互いに一緒にいるよりも友人と過ごす方が楽しくなりほぼ会わないで電話やメールだけが続きました。
ある日久しぶり会う約束をして待ち合わせ場所で待っていると彼女が来ない、2時間過ぎた頃やっと彼女が来てそこから大ケンカとなり私はどうせ謝ってくるだろう思って別れを切り出すと予想に反して彼女が了承してしまい、そこから私が謝罪しましたが彼女の気持ちは変わらず別れを向かえました。




【性別】
男性・失恋時19歳、復縁時20歳
【失恋のきっかけ】
二股まではいかないですが、他の女性と遊ぶことが多くなったからです。
肉体関係などはなかったですが、彼女からすれば同じだったと思います。
彼女とずっと一緒にいることに少し疲れていたこともあり、違うこと遊びたいなという出来心からでした。
彼女は遊ぶこと自体に怒ったのではなく、相手にされてない(遊んでくれなくなった)ことへの怒りが爆発しました。
すぐにら別れることはなかったですが、連絡を取ることも減っていき、別れることになりました。




【性別】
男性・失恋時19歳、復縁時24歳
【失恋のきっかけ】
大学進学をした自分と、相手は就職を選択したため、全く違う環境になってしまいました。
最初はそのまま付き合っていましたが、お互い生活リズムがガラリと変わってしまい、学生の自分は夜に大学で出会った新しい友達と出歩くこともあったり週末はバイトをしたりしていました。
社会人になった相手は週末が休みのため、なかなかデートに行く時間を合わせることが難しくなり、上手くコミュニケーションが取れなくなってしまい環境が変わってから半年程たったタイミングで別れることになりました。




【性別】
男性・失恋時22歳,復縁時23歳
【失恋のきっかけ】
大学の卒業が迫ってきたときに、不意にいろいろなことが不安になって、精神的に不安定になりました。
田舎から上京してきていた私は、東京での就職を決めていましたが、いずれは田舎に帰るのかもしれない、とすると今の彼女とは付き合い続けられないかもしれない、など、まだまだ先のことなのに、ごちゃごちゃと考えてしまっていました。
一度、全部を終わらせてしっかりと、社会人として仕事に集中しなければと思って、本当に自分勝手でしたが、別れを告げました。




【性別】
男性・失恋時22歳、復縁時23歳
【失恋のきっかけ】
失恋は意外にも突然にやってきました。
元々彼女は私のことをそんなに好きではなく、楽しいから一緒にいる、といった感覚だったみたいで、好きじゃないのに一緒にいるのは申し訳ないと言われフラれました。
正直本気で引き止めようと思いましたが、面と向かって好きじゃないと言われたのでなにも言い返す言葉がなく彼女の言葉を黙って聞いていました。
噂で聞いたのですが、元カレに戻ったという話しを聞きより
憂鬱になったのを覚えています。




【性別】
男性・失恋時38歳、復縁時40歳
【失恋のきっかけ】
失恋のきっかけは、遠距離恋愛だったので、大体デートの時は私が彼女の希望の場所に行き、デートの費用は大体私が払っていました。
しかしどんどんと彼女の要望が強くなっていき、金銭的にもやばくなったので、あまり自分にメリットを感じなくなり、失恋することになりました。
また夜の営みも、あまり私が射精をしないものだから、彼女が自分のことを愛していないのではないかと悲観的な感情になったのも要因だと思われます。
体の相性もあまり良くなかったことも原因です。



元カノと復縁して今も付き合ってる人・一覧


【性別】
男性・失恋時15歳、復縁時17歳
【失恋のきっかけ】
普段は楽しく、話もあって親しみやすかったが、彼女は気がとても落ちやすく、一人で考えこんだり思い込んだりすることが多かった。
その度何度も励ましたり慰めたりするが、何も言ってもダメな時も多かった。
思い込みが多いので、どうでもいいことで喧嘩になったり、その癖お互いが意地っ張りだったので、素直に気持ちも言えず、5ヶ月頃には毎日が喧嘩ばかりだった。
その頃には中学三年で受験もあり、相手はそっちに集中しないといけないからこんなことでずっと泣いてたりしたくない、と言いキッパリ振られてしまいました。




【性別】
男性・失恋時18歳、復縁時20歳
【失恋のきっかけ】
大学を決めるときにお互い違う大学になることに対する価値観の違いが彼女と合わなくて喧嘩になってしまい、当時は、受験シーズンということもありお互いが少しピリピリして相手の気持ちをしっかりと考えることができなくて自分自分となってしまい思ったことをすぐにいってしまい何度も喧嘩を繰り返してしまった。
何度も仲直りはしたがすぐに喧嘩になってしまうので嫌になった。
そして相手のことを大切にすることができていないと感じ失恋してしまった。




【性別】
男性・失恋時18歳、復縁時22歳
【失恋のきっかけ】
理由としてはお互いの進路の問題で遠距離になってしまったから。
自分は地元の四年制大学、むこうは関東へ就職した。
高校を卒業して間もなく、向こうが新しい環境に慣れなく恋愛にまで手が回らないと言う点、遠距離になってしまうことへの不安という点で、気持ちの余裕が泣くなり、別れを切り出されてしまった。
当時はかなり説得したがうまく話は進まず。
自分自身も泣く泣く別れを決めてしまった。
気持ちの切り替えにすごく時間がかかってしまった。




【性別】
男性・失恋時19歳、復縁時20歳
【失恋のきっかけ】
付き合っていく中で、次第に独占欲が強くなってしまいました。
彼女は学年で1番可愛いといわれるほどの存在であり、自分のような人と付き合ってることに悩み、自分で自尊心を傷つけてしまいました。
そして彼女が自分から離れていかないように束縛をしはじめてしまいました。
自傷行為もすることがあり、彼女にはとても不自由な思いをさせてしまいました。
当時の自分からすれば、束縛は愛情表現のひとつだと考えてしまい、反省することも少なかったです。




【性別】
男性・失恋時20歳、復縁時21歳
【失恋のきっかけ】
失恋のきっかけはやはり、自分の就職活動が忙しくなってしまったことが原因です。
当時自分は、試験が必要な類の職に就こうと考えていたこともあり、アルバイトの時間も削りそして彼女と遊んだり、出かけたりする時間も削って勉強をしていました。
その結果、徐々にLINEの返信も少なくなってしまい、会話も弾まなくなってきてしまいました。
そして最終的に彼女から付き合ってる意味なくない?と言われてしまい、別れることとなりました。




【性別】
男性・失恋時20歳、復縁時23歳
【失恋のきっかけ】
失恋のきっかけとしましては、お互いはすごく愛し合っていたと思いますが、彼女の昔からの目標、夢であった海外への留学という大きな壁にぶち当たる時期がきてしまい、当時の2人は今考えるととても若かったので、帰ってくるまで待つなんていう考えに至ることが出来ず、ただただ、相手が遠く異国の地に離れていってしまうという強い喪失感だけが大きく頭にあり、別れるか行くかという選択になったときに、相手が別れを選び、僕を置きアメリカに旅立ってしまったのです。
相手を応援したいという気持ちもあり、複雑なやりとりはなく、お互いすっきりと離れることはできまし。




【性別】
男性・失恋時21歳、復縁時21歳
【失恋のきっかけ】
失恋した理由は、相手の過干渉です。
元々遠距離であることや、自分が都内の大学に通っていることやが原因で、自分の周りに他の女性がいるのではないかと常に疑われていました。
面倒を起こしたくなかったので次第に異性の友達とも距離を置くようにしたり、出かける時は必ず連絡してそこにいる人との写真を送ったりしたのにも関わらず、疑ってきて、自分は信用されていないと思うようになりました。
これに加えて、相手が不機嫌になることが多くなり、その機嫌取りが面倒になり、好きという気持ちが薄れて別れることになりました。




【性別】
男性・失恋時22歳・復縁時24歳
【失恋のきっかけ】
失恋のきっかけを作ったのは私の弱さです。
今でも反省しています。
家庭事情で超苦学生だった私は、就職活動をするのも他の学生より難しい状況にあり、なかなか就職が決まりませんでした。
昼は学校、夕方からは塾講師のバイト、夜勤に入ることも少なくありませんでした。
ストレスと疲労で心が狭くなってしまっていた事や、将来への不安がいつも心の中で淀んでいるような状態です。
そんなとき、彼女の家で彼女の何気ない一言が私の家族をバカにされた感じがしてしまい、感情的になってしまいました。
「もうええわ!ぼんこには一生分からんわ!」思わず出た自分の言葉が自分の耳に入った時、その言葉の鋭さを感じました。
おそらく1分程度の沈黙。
彼女の眼は少し潤んでいました。
私は耐えられなくなって彼女の家を逃げるように飛び出て帰宅し、翌日も彼女から電話があったにもかかわらず、無視してしまい、そこから疎遠になりました。




【性別】
男性・失恋時25歳 復縁時27歳
【失恋のきっかけ】
失恋したきっかけは私が仕事に休みがなく旅行などに連れてってあげる事が出来ないので、友達と旅行などに行かせていましたが、あまりにも頻繁に旅行やどこか日帰りで遠出するようになったので、「遊び行きすぎじゃない?」と言ったら口論になり私は浮気を疑いLINEなど見せて貰うようにしたら浮気はしてませんでしたが、私の言葉が気に入らなかったらしく、お互いに、そりが合わなくなりだんだんお互いに信用出来なくなり向こうから別れを切り出され失恋しました。




【性別】
男性・失恋時25歳、復縁時26歳
【失恋のきっかけ】
失恋したきっかけとしては、今でもあまり具体的にはわかっていない。
もちろん浮気はしていないし、相手もそんなことはしていなかった。
ただ一緒にいる時間が長かった分、就職で距離が開くのが不安だったのかもしれない。
相手の方からもう付きあっていけないいけないと一方的に切り出された形だった。
当時はあまりの傍若無人ぶりに腹が立ってしまい、売り言葉に買い言葉でそのまま喧嘩になり別れることになった。
別れた後も何度か連絡は取り合っていた。




【性別】
男性・失恋時29歳、復縁時30歳
【失恋のきっかけ】
そんなに楽しかったことばかりの二人がなぜお別れすることになってしまったのか?まずひとつには、お互いの住んでいる地域が遠すぎたことに要因があります。
お互いの家が田舎で、車で2時間以上も掛かる距離でしたので、私が毎週彼女のもとへ通うのがヘトヘトになり疲れ切って限界に来ていました。
いわゆる「遠距離恋愛」です。
もうひとつの要因には、お互いの休みが合わず、わたしが土日で彼女が平日のシフト制だったことにありました。
すれ違いが多くなり過ぎました。